成功報酬での浮気調査の落とし穴

パートナーの浮気を立証したい、そんな時には探偵に浮気調査の依頼をするのが一般的です。
探偵なら、裁判でも有効な調査と書類を作成してもらうことができます。そのため離婚や慰謝料請求を検討している人は殆どの方が探偵の浮気調査を利用しています。
さて、ここで気になるのは調査費用です。
浮気調査の費用は決して安いものではありません。相場としては、調査員2名で1時間当たり1万5千円~2万円となっています。これに加えて、車両費、交通費、宿泊費、通信費、機材費、報告書作成料金など調査にかかる諸経費がかかります。

既婚者の浮気は法律上で不貞行為と言われますが、不貞行為と認められるには同一の異性と複数回に渡り肉体関係を持ったという証拠が必要です。
二人きりで出かけた、頻繁に会っている、ハグをした、キスをした、その程度では不貞行為とみなされることはありません。また、メールで肉体関係を思わせるやりとりも証拠の一つですが、関係を立証する効力はありません。
では、具体的な証拠となる情報はなにかというと、部屋やホテルに出入りする場面など一定時間同じ部屋に二人きりで滞在した証拠が必要になります。
それ掴むには1日や2日でどうにかなるものではありませんので、目安としては1週間を感がておく必要があるでしょう。

そして、出来れば安く済ませたいのが本音です。そこで陥りやすい罠が成功報酬制です。

成功しなければ、費用は頂きません。という広告を目にしたことがある人も少なくはないでしょうが、ここでは何を持って成功とするのかが問題です。
実際に、証拠はつかめなかったが尾行は成功した、二人の後ろ姿の撮影に成功した、それだけで成功報酬を請求されたというトラブルも少なくはないのが実情です。しかし、これは詐欺と思っていいでしょう。
一般的な浮気調査における成功とは、証拠となる写真や動画があり報告書にまとめた状態、調査はしたが本当に浮気はしていなかった2点に限られます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>