探偵が浮気調査で使う撮影機材

uwa1_s

探偵が浮気調査をする際に最も重要となるのはその探偵がどのレベルの調査機具を用意しているのかという点です。最新のカメラの性能は凄いものがあり、それぞれの状況や環境によって用途を変えて使用することになりますが、お金をケチって安い撮影機材を使用していたりする探偵は満足のいく証拠を取得することができません。

そのためどのような撮影機材を使っているのかを依頼者が知ることでその探偵のレベルを知ることができます。マンションのセキュリティが厳しいために近づくのが容易ではなく撮影が失敗するような場合でも、撮影機材がきちんと揃っている場合は1000m以上離れた場所から超望遠撮影をすることでマンション内部の撮影が出来たりします。浮気調査において高レベルの探偵がどのような撮影機材を使用しているのかというと、前述した超望遠では光学が1400倍のカメラを使用し、キーホルダー型のビデオカメラや超小型カメラ、夜中や暗い場所ではフラッシュは使えませんので赤外線域対応の高感度暗視カメラや高画質のフルハイビジョンカメラなどを使用します。

基本的に探偵は夜間の撮影が多く、撮影機材の性能によっては品質が落ち満足のいく証拠が撮れないのでここには強いこだわりをもつ探偵が多いです。また電池切れの心配があるためバッテリーは必需で、たくさんの撮影をすることにもなりえるので記録容量をきちんと確保するために大容量のメモリーを積んだビデオカメラも用意しておきます。時には20時間以上続けて尾行したり貼りこみをする可能性があります。またプロであればほどこれらの機材にはこだわりを持ち、同じ品番を何台も用意してあることもあります。また探偵によってはドローンでの空撮を行うところもあります。ラジコンを使った遠隔無人撮影での特殊機材などもあり、張り込みや監視が難しい場合はそれらを使用することもあります。このように浮気調査では数多くの撮影機材を特定の状況、環境で使い分けながら使用します。

参考・・・【取材結果報告書】原一探偵事務所の本当の口コミ・評判

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>