浮気調査の料金水増し請求に注意しよう

浮気調査は結婚をしている夫婦や付き合っているカップルがいる限り永遠になくならないものです。
愛している誰かが浮気をしているのではということは誰にとっても不安に感じることでしょうし、それを解決してほしいという探偵への依頼が尽きることもありません。
しかしながら探偵に浮気調査をする際に特に注意をしなくてはならないのが「料金の水増し請求」です。
uwa2_s
浮気調査はかなり高額な費用が付くというイメージが多くありますが、実際浮気調査一日当たりの費用としては八万円程度かかることが多いですから費用は安くありません。
ですが浮気調査を一回依頼しただけで百万円以上の費用が請求されたなどのことになると、それは水増し請求がされている可能性があります。

実際にかかる料金としてはそれぞれの探偵事務所によって異なるのですが、一般的には1時間当たりの人件費は二万円前後で、それに基本調査費用と車両費用、場合によっては必要経費がそれに加算されるのが料金の計算方法になっています。
先ほどの八万円という例は二人の調査員で二時間の調査をした、もしくは一人の調査員で四時間の調査をした場合の金額です。

どれくらいの人員が必要になるかは本当にケースバイケースの判断になるため何とも言えませんが、よほど長期にわたる調査をした場合でも無い限りそこまで高額な料金が請求されることは無いと考えられます。
長期調査になったわけでもないのに百万円以上の高額な料金が請求されたということになると、本当は調査をしていない日があったにも関わらず調査をしたと言い張っていたり、使ってもいない高速道路などの移動手段の料金を請求されている可能性があります。

こうした手口は特に費用が安いことを売りにしている探偵事務所でよく見られますから、費用に関することは必ず最初の相談の際に明らかにしておくべきだと言えるでしょう。
不安を払しょくするために探偵に依頼をしたのに今度は債務問題で悩まされてしまったということのないように注意してください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>